第32回につきましては、オンデマンド配信とさせていただきます。
受講確認として、入退室の視聴ログ確認を取らせていただき、1講義ごとに終了後小テストを実施いたします。
受講票は全講義の小テスト合格者に後日発送させていただきます。

講義内容について

1)やさしい呼吸生理と呼吸不全の理解(講義時間35分)

小林  巌(旭川赤十字病院 救命救急センター長)

2)人工呼吸中の感染と鎮静の管理(講義時間35分)

川原 翔太(北海道大学病院 救急科)

3)人工呼吸中の気道管理(講義時間35分)

橋本 聡一(特定医療法人平成会 平成会病院 理事長)

4)人工呼吸のモニターリング・トラブル対策(講義時間35分)

小北 直宏(旭川医科大学 救急医学講座)

5)人工呼吸の保守・点検(講義時間35分)

宗万 孝次(旭川医科大学病院 診療技術部 臨床工学技術部門)

6)人工呼吸の適応と換気モード(講義時間35分)

荒川 穣二(北見赤十字病院 麻酔科 院長)

7)人工呼吸からの離脱(講義時間35分)

横山  健(手稲渓仁会病院 麻酔・集中治療室)

8)急性呼吸不全の病態と管理(講義時間35分)

黒田 浩光(札幌医科大学医学部 集中治療医学)

9)新生児・小児の人工呼吸管理(講義時間35分)

名和由布子(道立子ども総合医療・療育センター 麻酔科)

10)人工呼吸管理の看護(成人)(講義時間35分)

木村  禎(札幌市病院局市立札幌病院 看護部看護課)

11)人工呼吸管理の看護(小児)(講義時間35分)

田崎  信(道立子ども総合医療・療育センター)

12)慢性呼吸不全の病態と管理(講義時間35分)

福家 聡(KKR札幌医療センター 呼吸器内科)

13)在宅人工呼吸管理(講義時間35分)

石川 悠加(独立行政法人国立病院機構 北海道医療センター 神経筋/成育センター部長)

14)呼吸理学療法の理論と実践(講義時間35分)

石川  朗(神戸大学 大学院保健学研究科 パブリックヘルス領域)

15)急性呼吸不全の呼吸理学療法(講義時間35分)

山下 康次(市立函館病院 リハビリ技術科)